Hydrogen factory

マグネシウムスティックで自分で水素水が作れます

健康や美容に良いと注目度が高い「水素水」ですが、市販のものを毎日飲むのは経済的に厳しい方も少なくはないでしょう。実は、家で手軽に自分で水素水を作ることができるのです。
用意するものはマグネシウムスティックだけです。手の届きやすい価格で販売しており、手軽に購入することができます。家庭の水道水に、このマグネシウムスティックを入れておくだけで水素水ができてしまうのです。水がマグネシウムに反応して、その化学反応により水素ができるためです。使い続けていくとマグネシウムスティックは次第に小さくなっていきます。ですので、なるべく含有量の多いスティックの方が長持ちします。
また、容器に空気が入っている状態では、水素が空気中に逃げてしまいます。こまめに水を継ぎたすなど、気をつける必要があります。
このように自分で飲みたい時に、飲みたい分だけ水素水を作ることができる、といったメリットがあります。
また、コストの面でも市販のものを長期的に購入するより経済的といった点が挙げることができます。

水素水の生成装置はランニングコストが安い

水素水の生成装置 健康に良い水素水は、市販の製品を利用しますと1Lあたり数百円から千円を超えるランニングコストがかかります。これに比べて、水素水を生成できる装置は、装置代が数万円から数十万円するものまでと、初期費用が高いのですが、ランニングコストは、普通の水を使えますので1Lあたり10円以下と格安です。
水素水の生成装置には、携帯できる小型のものからポット型をしたもの、水道の蛇口に直結できるタイプ、据え置き型と種類が豊富です。携帯できるものは、500cc~1000ccのペットボトル程度の大きさで、価格も2万円~4万円と手頃感があります。
ポット型は、もう少し大きくなり価格も高くなりますが、設置や取り付けなどの面倒がないですから、購入してすぐに使いたい人向けです。
水道の蛇口に直結するタイプや据え置き型は、価格が10万円から数十万円と初期費用が高額になりますが、その分、生成される水の水素濃度を高いなど高性能が売りです。