Hydrogen factory

水素水の特徴効果を知り健康に役立てる

水素水の特徴効果 水素水を摂取することは、健康や美容に良い効果が期待されるとして、近年注目を集めています。
現在では、いくつかのメーカーから販売されていますが、水素の濃度に多少の違いがあるようです。健康や美容に効果を期待したいのであれば、水素濃度の高い製品を選ぶのがいいでしょう。
また、水素水が入っている容器も重要になります。水素は抜けやすく蒸発しやすいことから、密閉性の高い容器に入っているかを確かめることも大切になるでしょう。
水素の働きには、悪玉活性酸素といわれている、ヒドロキシルラジカルと、ペルオキシナイトライトのみを除去してくれるため、高い抗酸化力があることがあげられます。体内で使われなかった水素は、呼気やげっぷなどにより自然に体外に出されていきます。
水素水をより効果的に摂取するには、活性酸素が多く発生することが予想される、運動やスポーツをする時や、紫外線を長く浴びた時、ストレスを感じたり睡眠不足の時、喫煙や飲酒をした時に飲むと効果的のようです。一日の始まりとなる朝に飲むことで、仕事や家事などで身体を動かして、活性酸素が増えるのを抑えてくれるでしょう。
水素水の特徴や効果を知って、健康や美容に良い効果を感じたいものです。

水素水の作り方について

水素水は自宅で簡単に作ることが出来ます。作り方には、マグネシウムスティックを買って、水道水から作る方法と、水素水サーバー(電気分解装置)を使って作る方法の二種類があります。
マグネシウムスティックを使った方法ですが、これはマグネシウムスティックを水道水と一緒にペットボトルに入れておくだけで作ることが出来ます。この場合、なるべくマグネシウムの含有量の多い物を選びましょう。
また、容器の中に空気があると空気中に発生した水素が逃げてしまうので、水をこまめに注ぎ足し、余分な空気を残さないように気をつけましょう。
次に水素水サーバーを使った作り方ですが、電気分解によって水素を発生させます。こちらは化合物が残らないため、純度の高い水素水を作ることが出来ます。ただ、どのメーカーの物も価格が高めだというデメリットがあります。また、カートリッジも定期的に交換しなければならないため、初期費用だけではなく、ランニングコストも考えなければならないという難点があります。
自分で作るメリットは買い置きを心配することなく、飲みたいと思った時に好きなだけ作ることが出来るということです。また長い目で見れば、市販のを買い続けるよりも、コストメリットが出る場合もあります。